ビットコインや仮想通貨での借金を債務整理する方法

ビットコインや仮想通貨で借金ができる理由とは?

ビットコイン借金

 

ビットコインや仮想通貨はニュースでも話題になるくらい現在では活発に取引されていますが、単純に通貨というよりは投資商品としてのイメージを強く感じている人が多いのではないでしょうか。

 

ビットコインや仮想通貨によって莫大な利益を出している人がいる一方で、ビットコインや仮想通貨によって大きな借金を背負ってしまって、返済できない状況に追い込まれてしまっている人も少なくないです。

 

しかし、ビットコインや仮想通貨は元々は「通貨」として始まったものなので、それを購入しただけで借金ができる理由にはならないです。

 

確かにビットコインや仮想通貨は価格変動リスクがありますが、普通に購入しただけなら価値がマイナスにならない限りは借金ができるわけはないんですよね。

 

ビットコインや仮想通貨で借金ができるにはいくつか理由があります。

 

ビットコインや仮想通貨で信用取引をした

 

ビットコインや仮想通貨を取引できる口座の中には、株と取引のように信用取引が可能なところもあります。

 

信用取引は口座のお金などを担保にして口座にあるお金以上のお金を借りて取引するというものです。

 

そのため信用取引でビットコインや仮想通貨を購入してしまうと、値動き次第では損失が口座にある金額を超えてしまって借金ができてしまう可能性があります。

 

具体的には取引口座に100万円預けており、そのお金を担保に信用取引でビットコインを300万円分購入したとします。

 

その後、ビットコインの価値が下がってしまって価値が0円になってしまった場合、預けていた100万円はなくなり、残りの200万円が借金として残ってしまうという仕組みです。

 

ビットコインや仮想通貨のFXを利用した

 

ビットコインや仮想通貨は最近値段が高騰してしまって、現物のビットコインや仮想通貨を買えないという人が増えてしまっているので、ビットコインや仮想通貨を投資対象として取引しようと思っている人の多くはFXを利用してビットコインや仮想通貨を取引しています。

 

そのためビットコインや仮想通貨で借金をしてしまっている人の多くは「仮想通貨FX」が大きな理由になっているのではないかと思います。

 

FXは信用取引以上にレバレッジをかけられるという特徴があり、信用取引の場合は3倍くらいのレバレッジがかけられますが、FXの場合には取引会社によっては25倍くらいまでレバレッジをかけることができます。

 

そのためレバレッジをかけすぎると信用取引よりも簡単に元本を割ってしまう可能性があります。

 

ビットコインや仮想通貨のFXはハイリスクハイリターンなのでレバレッジのかけすぎには注意するようにしましょう。

ビットコインや仮想通貨で借金ができた場合の対策法

ビットコイン借金対策法

 

ビットコインや仮想通貨で上記のように信用取引やFXでの取引で借金を作ってしまった場合には、早めに専門家に相談することが大事になってきます。

 

借金額が大きくて返済できないような場合でも、何とか返済しようと無理する人もいますが、返済できないと感じたら無理しても仕方がないです。

 

無理して完済できる可能性があるならまだしも、ビットコインや仮想通貨での借金の場合には、多くの人は数百万円から数千万円単位の借金を背負うので、普通に返済するのはほぼ不可能という状況の場合が多いです。

 

一番マズいのはそのままにすること

 

借金額が大きすぎると返済できないと諦めてしまって、現実逃避してしまい借金のことを忘れようとする人がいますが、借金はそのままにしていると、利息などによってどんどん状況が悪化してしまいます。

 

ビットコインや仮想通貨で借金ができてそのままにしていると、財産が差し押さえられたり給料が差し押さえられたりして、さらに状況はひどいものなります。

 

こういった状況にならないように、早めに借金問題に対応している弁護士や司法書士に相談して債務整理を検討することが大事になってきます。

ビットコインや仮想通貨による借金は債務整理できるのか?

ビットコイン仮想通貨債務整理

 

ビットコインや仮想通貨による借金が返済できないくらい金額が大きくなっているような場合には、債務整理で借金を整理するといいと思います。

 

ビットコインや仮想通貨で借金を作ってしまった人は、金額が大きすぎるとパニックになってしまって「一生返済しなくてはならないのか」と思ってしまう人もいますが、実際にはそんなことはないです。

 

債務整理をすれば借金問題は3年くらいで解決する場合が多いので、どれだけ早めに債務整理をするかということが重要になってきます。

 

では具体的にどのような債務整理方法が検討されるのでしょうか?

 

借金額が大きくないなら任意整理

 

ビットコインや仮想通貨による借金はあるが、返済条件が楽になれば返済できそうというような場合には任意整理を選択すると良いです。

 

任意整理は債務整理の中で一番手軽に手続きできる方法で、デメリットも一番小さい債務整理方法です。

 

自己破産のように資産を没収される心配もなく、依頼費用も一番安いので、そこまで借金額が大きくないような場合には、任意整理を検討するといいかと思います。

 

借金額が大きく家を失いたくないなら個人再生

 

ビットコインや仮想通貨による借金額が大きくて、返済するのが難しいが「自己破産すると住宅ローンを払っている家を失ってしまうので躊躇している」というような場合には個人再生を利用するといいです。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい債務整理方法で、借金額によっては最大で借金を10分の1まで減らすことができます

 

つまり個人再生なら住宅ローンを払っている持ち家を残したままで、借金を最大で10分の1まで減額できるので、借金問題はかなりの確率で解消することができます。

 

個人再生の場合なら、ビットコインや仮想通貨などの投資による借金でも普通に債務整理することができるので、有力な利用候補になる債務整理方法になります。

 

借金額が大きすぎてどうしても返済できないなら自己破産

 

ビットコインや仮想通貨取引をしている人の中には、正社員ではなくアルバイトやパートなどの人もいるかと思います。また専業投資家という人もいるかと思います。

 

つまり借金を減額してもらったとしても、その後で返済できる見込みがないような場合には自己破産を選択すると良いと思います。

 

特に専業投資家の場合だと、ビットコインや仮想通貨取引で投資金額を失ってしまったら事実上無職ということになるので、借金返済のあてはないと思います。

 

ビットコインや仮想通貨取引のような投資の場合には基本的に自己破産は認められないのですが、裁判官の裁量によって近年は投資による自己破産も認められるケースが増えてきているようです。

債務整理でビットコインや仮想通貨による借金返済するなら弁護士に相談

ビットコイン仮想通貨債務整理弁護士相談

 

ビットコインや仮想通貨による借金は現在増えてきており、これからさらに増えていく可能性があります。

 

しかし、投資に失敗して借金ができたからといって、人生を諦める必要はないです。

 

こういった借金問題のほとんどは債務整理に対応している弁護士などの専門家に相談すれば解決することができるので、まずは早めに相談することが大事になってきます。

 

ビットコインや仮想通貨による借金を含めて、借金問題について無料相談に対応している弁護士事務所は多いです。

 

ただ相談する弁護士選びは大事だと思います。

 

特に自己破産する場合だと、裁判官の裁量によって免責が認められるかどうかが変わってくるので、弁護士の手腕が非常に重要になってきます。

 

当サイトではビットコインや仮想通貨による借金の債務整理に対応している弁護士事務所をいくつかランキング形式でピックアップしています。

 

掲載している弁護士事務所は全て無料相談に対応しており、公式サイトから気軽にメールや電話で相談できるようになっているので利用してはどうでしょうか。

 

ビットコインや仮想通貨での借金について無料相談

 

ビットコインや仮想通貨の借金に強い弁護士の無料相談はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加