過払い金返還には時効があるので早めに請求しよう

過払い金には時効があることを知ろう!

過払い金時効

過払い金には期限があるということはこちらの過払い金の期限を参考にするとよくわかると思います。

 

また過払い金の詳細情報についてはこちらの「過払い金とは」が参考になるのではないでしょうか。過払い金に時効があるということは、今時効が迫っている人も現実に存在するということです。

 

時効が迫っているということは、せっかく戻ってくる可能性のあるお金をドブに捨ててしまうようなものなので、時効前にしっかりと過払い金があるなら請求しておいたが方がいいと思います。

 

そんな時効が心配な過払い金返還請求ですが、過払い金の消滅時効期間を止める方法があるということをご存知でしょうか。そこまで難しい方法でないものもあるので利用してはどうでしょうか。

 

過払い金の時効を止める方法とは?

過払い金時効止める

過払い金の時効を止める方法は2つあります。

 

過払い金は基本的には時効前にしっかりと請求しないといけないので、何か事情があってすぐに請求できないような場合なら時効を止める方法を利用して過払い金が消滅するのを防ぐようにしましょう。

 

では具体的にはどのような方法があるのでしょうか。

 

裁判所での手続きで止める方法

裁判所を利用する方法なので少し使いにくいと感じる人もいますが、裁判上の請求という方法で過払い金の時効を止めることが可能です。支払督促の訴訟というものを提起することで過払い金の時効を止めることができるので知っておくといいと思います。

 

催告を利用すると一時的に止めることができる

こちらは裁判所を利用しない方法なので、こちらの方が利用しやすいかもしれないですね。催告とは内容証明郵便等の書面を送付して請求する方法で、これによって時効をストップさせることが可能です。ただ止めることができるのは6ヶ月なので、その間に過払い金を請求するか、裁判所を利用して止める必要があります。

 

こういった方法を利用する間にまずは自分に過払い金があるのかチェックするようにするといいと思います。

 

下記の債務整理に対応している法律事務所で過払い金があるのか無料でチェックしてもらってはどうでしょうか。

 

過払い金の対応に最適な法律事務所は下記から参考にしてください。

 

過払い金を調べるなら債務整理に強い弁護士事務所の無料相談

 

このエントリーをはてなブックマークに追加