過払い金の期限について説明しています。

過払い金の返還請求が可能な期限はどれくらいなの?

過払い金期限

過払い金の返還請求によって払いすぎた利息が戻ってくるのはCMなどでも流れているので有名ですが、過払い金が返還請求できる期限があることも知られていることです。

 

過払い金の返還請求が可能なのは、権利が行使できる日から10年になっています。つまり過払い金の返還請求権は、借金を返済した時点から行使できるようになると考えられています。

 

そのため10年を経過すると返還請求ができなくなってしまうので、よくCMで過払い金請求は早めに行ったほうがいいと宣伝されているのです。

 

実際に返還請求には期限があるので、早めに過払い金があるのか調べて請求した方がいいです。

 

そのままにしてもお金が増えるわけではないので、早急な対応が大事になってきます。

 

また過払い金はお金が戻ってくるまでに時間がかかる場合もあります。

 

基本的にお金を手に入れるためには業者と和解する必要があるので、場合によっては業者の方が相手にしなかったり、不当な和解案を提示してくることもあります。

 

特に過払い金の金額が大きい場合だと、相手の金融業者も必死になってくるので長期化する場合もあります。

 

過払い金返還請求はしっかりと専門家に依頼しよう!

過払い金返還請求期限

過払い金返還請求を行う際には上記のように業者が相手にしなかったり、抵抗してくる可能性があるので、しっかりと債務整理に強い専門家に相談することが大事になって来ます。

 

また過払い金を返還請求する場合でも、業者にお金がないと返還請求しても、お金が戻ってくるのが遅れたり、お金が戻ってこないケースもあります。やはり過払い金返還請求が続いているので、業者の方でも経済的に行き詰っているところも増えてきています。

 

そのためある意味では過払い金返還請求は早い者勝ちのような側面があります。

 

特に中小規模の貸金業者の場合だと、資金力が乏しいので企業が過払い金返還請求によって倒産する可能性があります。

 

相手側が倒産してしまっては返還請求を行うことはできないのできるだけ早めに債務整理に強い法律事務所などに、過払い金があるのかどうか調べてもらいましょう。

 

過払い金の対応に最適な法律事務所は下記から参考にしてください。

 

過払い金を調べるなら債務整理に強い弁護士事務所の無料相談

 

このエントリーをはてなブックマークに追加