個人再生とは?借金減額の仕組みと流れ

個人再生とはどのような借金返済方法なのか?

個人再生とはどのような借金返済方法画像

個人再生は債務整理の方法の中の一つの方法になっており、任意整理と自己破産と並んでよく行われている債務整理方法の一つになっています。

 

任意整理は裁判所を通して債務整理する方法になっており、一般的にはあまり有名な債務整理方法ではないですが、結構使える債務整理方法になります。

 

非常に簡単に説明すると任意整理と自己破産の中間という感じの位置づけの債務整理方法になります。

 

個人再生は裁判所に提出した再生計画が認められると、原則として債務が5分の1に減額されます。

 

この減額された債務を3年から5年くらいかけて返済していくと行く感じの債務整理方法になります。

 

ただ手続きが結構複雑なので、個人で手続きするのは困難ということで弁護士に依頼して行うのが一般的になっています。

 

ちなみに借金の減額幅は任意整理よりも大きく自己破産よりも小さいという感じで理解するといいと思います。

 

まあ、自己破産の場合には借金がゼロになるので減額幅が一番大きくなるのは当然ですが、自己破産を除外すると一番借金減額幅が大きい債務整理方法と言っていいと思います。

個人再生は住宅を手放さずに債務整理可能

個人再生は住宅を手放さずに債務整理可能画像

個人再生にはいくつかメリットがありますが、その中でも大きなメリットの一つが住宅を手放すことなく債務整理できるということではないでしょうか。

 

自己破産を行うと自宅などの資産がすべて没収されてしまいますが、個人再生の場合には住宅など自宅を残した状態で債務整理することができるので、債務整理しても生活を一変させることなく借金を整理することができます

 

債務整理を行う際には、自宅がどうなのか気になる人も多いと思います。そういった意味では自己破産ではなく自宅が残せる個人再生の方を選択する人も多いです。

 

また自己破産の場合には借金がゼロになりますが、自己破産が認められるのにはいくつか条件があったりするので、すべての人が自己破産できるわけではないです。

 

そういった意味では個人再生が一番減額幅の大きい債務整理方法になるという人も存在します。

 

個人再生は非常に優秀な債務整理方法ですが、手続きが自己破産と同じくらいめんどうなので、個人が手続きするのはほぼ不可能です。

 

個人再生を行うにしてもまずは債務整理の専門家に無料相談を行ってから検討してはどうでしょうか。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

個人再生を含めた債務整理の相談はこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加