債務整理後に借金や融資でお金を借りれる方法を徹底解説

債務整理後に借金や融資でお金を借りれる所は少ない

債務整理後に借金や融資でお金を借りれる所は少ない画像

 

債務整理後に借金や融資でお金を借りれる所を探している人がいるかもしれないですが、基本的には債務整理をすると、金融会社が共有している信用情報にブラックリストとして掲載されてしまうので、借金したり融資を受けたりするのは難しいでです。

 

自己破産の場合には債務整理をすると借金が免責されるので、借金問題からは離れることができますが、任意整理や個人再生の場合は違います。

 

任意整理や個人再生は債務整理によって借金が減額されますが、借金がすべて免責されるわけではないので、残った借金を返済していく必要があります。

 

そういった中で債務整理後でも借金返済のために借金をしたり融資でお金を借りる必要に迫られる場合があります。

 

ではどういった金融機関なら債務整理後でも借金や融資でお金を借りれるのでしょうか?

 

大手消費者金融では債務整理後に借金や融資でお金を借りることはできない

 

債務整理後に借金や融資でお金を借りる際に一番最初に思いつくのが大手の消費者金融機関だったり、銀行なのではないでしょうか。

 

しかし、こういった大手の金融機関の場合だとスコアリングシステムという審査基準を導入しており、コンピューターなどにによって自動で借金や融資が可能なのかを判断システムを導入しています。

 

こういった自動で与信審査などを行っている所だと、信用情報機関にブラックリストとして掲載されているような状況の人は審査で自動的に弾かれるようになるので融資不可という判定が出てしまいます。

 

コンピューターで自動で審査しているようなところは、問答無用で信用情報機関のブラックリスト掲載ということで借りることができないので諦めた方がいいです。

 

大手から借金や融資でお金を借りれるようになるのは、信用情報機関のブラックリスト掲載が解除される5年後から7年後になると思ったほうがいいです。

 

中堅の金融業者の場合には債務整理後に借金や融資でお金を借りれる可能性あり

 

債務整理後に借金や融資でお金を借りる場合には中堅の金融業者中心に探すようにするといいです。

 

こういった中堅の金融機関の場合には大手のように知名度がないので場合によってはヤミ金と間違われてしまって、なかなかお金の借り手がなくて苦労している所も多いです。

 

とは言ってもやはり信用情報機関のブラックリスト掲載されているような状況だと、借金の返済能力に不安を感じられてしまうので簡単にお金を借りることはできないと思ったほうがいいです。

 

中堅の金融機関でも大手のようにコンピューターで与信審査が行われているような状況だと、自動でブラックリスト掲載ということで弾かれる可能性があります。

 

とは言ってもこういった中堅の金融機関以下のところだと借りるのが危険なので、こういった金融機関から探すようにしましょう。

ヤミ金から借金や融資でお金を借りないように注意しよう!

ヤミ金から借金や融資でお金を借りないように注意画像

 

債務整理後はただでさえお金を貸してくれる所が少なくなるので、そういった状況に焦ってしまうとヤミ金などのような怪しい業者などからお金を借りようとする人がいます。

 

よく「スピード融資」とか「即日融資」などのようにすぐに融資するというようなチラシなどを見たことがある人もいるかもしれないですが、債務整理後でお金を借りることができないからといって、こういった所からお金を借りるとトラブルの元になるので注意しましょう。

 

まあ、そもそも債務整理後にお金を借りること自体がよろしいことではないので、どうしてもお金が必要な場合には一度、債務整理を担当してくれた弁護士などに相談するのも方法だと思います。

 

お金が必要な理由が正当なものなら、相談に乗ってくれる可能性があるので、いきなり金融業者を頼って新たな借金を増やすのではなく、専門家に相談するようにしましょう。

 

また、そもそも債務整理後に金融業者のデータベースにブラックリストとして掲載された状況で借金をすると何かペナルティがあったり、デメリットが生じることはあるのでしょうか?

 

債務整理後に借金や融資でお金は借りない方がいいというのはよく言われているとこなので気になっている人も多いのではないでしょうか。

債務整理後に借金や融資でお金を借りてもペナルティはない

債務整理後に借金や融資でお金を借りてもペナルティはない画像

 

債務整理後に借金や融資でお金を借りてもペナルティはないです。

 

多くの人は債務整理後に借金や融資でお金を借りると、債務整理で取り決めた返済条件が無効になってしまったり、金融業者などから借金の一括返済を求められるのではないかと不安に思っている場合が多いです。

 

とは言っても実際には債務整理後に借金や融資でお金を借りても、債務整理の条件が無効になったり、一括返済を求められることはないです。

 

しかし債務整理後にまた借金をしてしまうと、債務整理をた意味がなくなってしまうのではまったくオススメすることはできないです。

 

債務整理後には大手の金融機関などからお金を借りることができずに、生活は苦しくなるとは思いますが、借金が当たり前の生活から抜け出せるチャンスなので、できるだけ借金をしないようにすることが大事になります。

 

ただ債務整理後に借金を返済していると、会社からの給料が減ってしまったり、何かの事情で働けなくなってしまって、債務整理で合意した条件でも返済が厳しくなってしまう事があります。

 

債務整理後に借金の返済が難しくなってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

債務整理後に借金返済が難しくなったら弁護士に相談

債債務整理後に借金返済が難しくなったら弁護士に相談画像

 

債務整理後に借金や融資でお金を借りる人の中には、債務整理で合意した返済条件を履行するためにお金が必要という人もいると思います。

 

確かに債務整理で合意した返済条件を守ろうとしているのは素晴らしいことですが、借金しないとその返済条件を履行できないような状況になっているなら債務整理をした意味がないです。

 

そのため、債務整理後に返済するのが厳しい状況になってしまった場合には、借金を滞納する前に、できるだけ早く債務整理を担当してくれた弁護士に相談するといいと思います。

 

早めに弁護士に相談すれば、債務整理の再和解や別の債務整理方法などによって返済条件を見直してくれたりするので、借金を滞納することもないです。

 

債務整理後の借金を滞納すると厄介

 

債務整理後の借金を滞納すると、せっかくお金を払って債務整理した返済条件などが無効になってしまうのはもちろんですが、借金の一括返済を金融業者などから求められることになる可能性があります。

 

参照:債務整理後の借金の滞納について

 

債務整理後にお金が必要になってしまった場合には、いきなり借金をして、元の借金生活に戻るのではなく、一度弁護士などに相談して、現在の借金返済の負担を軽くして借金しないで済むような状況にすることが大事です。

 

当サイトではこういった借金問題に強い弁護士事務所をいくつかピックアップして紹介しています。

 

全国対応で借金問題の無料相談も行っており、債務整理後のアフターケアもしっかりしているので、債務整理後の返済が不安な人はこういった債務整理慣れているような弁護士事務所を検討するといいと思います。

 

債務整理が可能な弁護士事務所は下記になります!

 

無料相談対応の弁護士事務所はこちら