シングルマザーや母子家庭の借金返済の方法を説明しています。

シングルマザーや母子家庭では家計が火の車で借金で悩んでいる所は多い!

シングルマザー母子家庭借金

 

シングルマザーの家では家計が火の車の所は結構多いです。近年はシングルマザーの家庭が増えていますが、経済的な基盤が強固な家庭はそこまで多くはないです。

 

子供が小さいと仕事に出る時間も制限されてしまうので、その結果家計が厳しいことになってしまうというのは仕方のないことだと思います。

 

また家計が厳しいという結果、突然の出費によって借金をしてしまって、そのままそのお金が返せずに、利息がどんどん増えてしまっている家計もあります。

 

こういった現実からシングルマザー向けの手当てもありますが、それでも不足しているという家計も珍しくないです。

 

シングルマザーの家計の見直しにはこういった手当ての活用も大事ですが、今ある借金をしっかりと整理することも大事になってきます。

 

シングルマザーの方の場合だと、意外と借金返済の知識についてあまり知らない人も多く、債務整理などの方法があることを知らずにいる人も多いです。

 

また仕事などで日々の生活が忙しくて、シングルマザーなどの母子家庭のための手当てを知らない人も多いです。

シングルマザーや母子家庭で借金で悩んでいるなら手当て等の公的補助制度を活用しよう!

シングルマザー母子家庭補助制度

 

シングルマザーや母子家庭だと収入を得る手段が限られてしまうので、慢性的に借金問題に悩んでいるという人は少なくないです。

 

ただこういったシングルマザーや母子家庭向けの支援制度って色々あるので、しっかりと調べて申請すると十分に家計の足しになってくれます。

 

では具体的にどのような制度があるのでしょうか?

 

児童扶養手当(母子手当)

 

シングルマザーや母子家庭が利用できる公的な支援制度として一番に思い浮かぶのが、この児童扶養手当(母子手当)ではないでしょうか。

 

児童扶養手当(母子手当)は両親が離婚した場合や、父や母が死亡した場合の一人親家庭のために作られた制度で、地方自治体から支給される手当てになります。

 

子どもの年齢が0歳から18歳の家庭が対象になっており、所得と子供の数によって支給額が違ってきます。

 

児童手当(旧子ども手当)

 

児童手当は児童扶養手当とは違って、一人親家庭に限った支援制度ではなく、子どもがいる家庭全てを対象にしている支援制度になります。

 

対象になるのは日本国内に住む0歳以上から中学卒業までの子どもになります。

 

児童手当については毎年、各自治体への申請が必要なのでしっかりと申請しておくことを忘れないようにしましょう。

 

児童育成手当

 

児童育成手当は地方自治体が独自に行っているシングルマザーや母子家庭などの一人親家庭に行っている支援制度になります。

 

児童育成手当は東京都での支援制度になりますが、東京都以外にも色々な地域で独自にシングルマザーや母子家庭などの一人親家庭への支援を行っています。

 

制度は名称は地方自治体によって違ってくるので、自分が住んでいる自治体で独自の制度があるのか確認してみるといいと思います。

 

母子家庭の住宅手当

 

母子家庭に限ったことではなく父子家庭も含まれますが、一人親家庭を対象に住宅手当や家賃補助を行っている地方自治体があります。

 

これも地方自治体が独自に行っている制度で、制度がある自治体とない自治体があります

 

支給条件なども地方自治体によって違ってくるので確認してはどうでしょうか?

 

医療費助成制度

 

医療費補助制度は一人親家庭のものや支給対象になる子どもがいる全家庭を対象にしているものがあります。

 

18歳未満の子どもの場合だったら医療費が無料になったりするので、医療費による経済的な負担がかなり楽になると思います。

 

地方自治体によって助成内容が違ったりするので、自分の住んでいる地域で、どのような制度になっているのか確認してはどうでしょうか。

 

遺族年金

 

遺族年金には遺族基礎年金と、厚生年金に加入していた人の遺族が利用できる遺族厚生年金があります。

 

夫を亡くしたシングルマザーで母子家庭で子どもを育てているような家庭だと、状況によっては遺族基礎年金と遺族厚生年金の両方がもらえるので、かなり経済的に楽になります。

 

再婚をしたりするとどちらも受け取れなくなるという点は知っておきましょう。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金

 

シングルマザーや母子家庭の経済的な自立のためにお金を貸し付ける制度になります。

 

子どもの進学や親が就職する際の技能取得、引越しなどの資金のために利用できる制度になっています。

 

資金の利用目的によって利子の有無や利率などが違ってくるので、あらかじめ利用前にどのような貸し付け条件なのか確認するといいです。

 

ただ母子父子寡婦福祉資金貸付金については利子がつかなかったり、非常に利率が低くなっていたりするので、一般的な消費者金融などからお金を借りるよりはかなり負担が小さくて済みます。

 

こうして見るとシングルマザーや母子家庭が対象になる公的支援制度というのは色々あることがわかると思います。

 

こういった制度を複数利用して組み合わせていくと、経済的にかなり負担が軽くなるのではないでしょうか。

 

公的補助制度は国として行っているものも多いですが、地方自治体が独自に行っているものも多数あるので、確認してはどうでしょうか。

 

申請しないともらえないものも多数あるので、こういった支援制度は徹底的に活用しましょう。

シングルマザーや母子家庭でどうしても借金が返済できないなら自己破産と生活保護を検討しよう

シングルマザー母子家庭自己破産生活保護

 

シングルマザーや母子家庭で頑張って子どもを育ててきたけど、どうしても経済的に行き詰ってしまってどうしようもないような状況に追い込まれてしまった場合には、自己破産や生活保護を活用するといいです。

 

借金返済のために頑張るのはいいですが、その影響で鬱病になってしまったり、働けなくなってしまった場合には仕事だけでなく日常生活にも影響が出るようになってしまいます。

 

自己破産や生活保護については、ネガティブなイメージを持っている人も多く、利用したくないと思っている人も多いですが、無理して働けなくなってしまったら子どもにも迷惑をかけることになるので、最終手段としてこういった方法があるということは知っておくといいです。

 

自己破産しても子どもの将来に影響することはない

 

自己破産すると戸籍などに何か影響を与えたり、子どもにも何か制限がついたりするのではないかと心配する人が多いですが、自己破産はそこまでデメリットの多い手続き方法ではないです。

 

自己破産すると持ち家や車などの高額資産は処分されますが、家電や生活用品などは普通に残せます

 

もちろん子どもの玩具や勉強道具などが没収されることもないです。

 

また自己破産しても戸籍に影響することはなく、子どもに何かデメリットが生じることもないです。

 

自己破産については悪イメージが先行していますが、賃貸住宅で慎ましく暮らしている一般的な家庭の場合には、自己破産しても生活環境が大きく変わるというこはないと思っていいです。

 

また仕事がなくて収入を得る手段がないような場合には、合わせて生活保護も検討するといいです。

シングルマザーや母子家庭の借金相談は専門家にしよう!

シングルマザー母子家庭借金相談

 

シングルマザーに限ったことではないですが、お金の問題ってなかなか他の人に相談しにくいんですよね。

 

近くに頼りになる家族が居れば、相談することも可能ですが、そう都合よく頼りになる家族がそばにいるとは限りません。

 

このような誰にも家計やお金について相談することが出来ない状況だと、どうしても自分の力だけで何とかしようとする人も多いです。

 

ただその結果、体を壊してしまってはさらに状況が悪くなるだけなのでしっかりと専門家に相談できるということを知っておくといいと思います。

 

シングルマザーのお金の問題で誰にも相談できないなら、債務整理に強いお金の専門家の弁護士に相談するといいです。

 

「弁護士に相談するお金なんてない」と思う人もいるかもしれないですが、こういったお金関係に強い法律事務所は無料相談を行っているので、無料相談を活用するといいです。

 

法律の専門家にお金の問題を相談できるので、自分がそれまで知らなかった制度などの活用方法をアドバイスしてもらうこともあります。また借金があって返済できないようなら債務整理の相談も可能です。

 

シングルマザーの借金問題は専門家に無料相談してはどうでしょうか。

 

お金について無料相談が可能な法律事務所

 

お金について無料相談が可能な法律事務所はトップページから