公務員が借金返済で債務整理する影響

公務員は債務整理を行うことが可能なのか?

公務員債務整理

 

公務員は他の職業の人とは違って、国の仕事をやっている人なので、債務整理ができるのかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。債務整理の種類についてはこちらが参考になります。

 

やはり債務整理という法的な制度を利用して借金を帳消しにするなどの方法を行う場合に、何か問題が出るのではないかと不安に感じる人はいると思います。

 

そもそも公務員が債務整理を行ったりして、免職になることはあるのでしょうか?公務員の債務整理による影響についてここでは解説します。

 

公務員が債務整理しても免職にはならない

 

公務員が債務整理をしたとしても免職になることはないです。ただ債務整理が勤務先に知られることによって、昇進の可能性が低くなることはありえるかもしれないですね。

 

しかし債務整理したからといって、公務員が仕事をクビになったりすることはないので、そのあたりは心配しなくても大丈夫です。

 

債務整理をしても公務員がクビにならないということは分かったと思いますが、だからといって仕事にマイナスになる可能性はあるので、できることなら職場にばれないように債務整理したいですよね。

 

公務員に限ったことではないですが、お金に関する部署で働いている場合に、債務整理によってお金の問題が発覚すると部署移動ということになる可能性がないとはいいきれないです。

 

つまりクビにはならないかもしれないですが、仕事にまったく影響がないとはいいきれないということです。

 

では職場に内緒で公務員が債務整理できる方法はあるのでしょうか?

公務員の債務整理が職場にバレる原因は3つ考えられる!

公務員債務整理バレる

 

公務員の場合だと堅い職業なので、債務整理をしたことがバレるとお金の問題があったということがすぐに知られてしまうので、できるだけ債務整理したことを隠したいと思う人は多いです。

 

では公務員の場合だと、どのようなことが原因で債務整理したことがバレてしまうのでしょうか?

 

公務員が債務整理したことがバレる3つの原因

 

共済組合からの借り入れがある

 

公務員の人が債務整理をしたことがバレるよくある経路としてあるのが、共済組合からお金を借りているようなケースです。

 

共済組合って他の金融業者とは違って、公務員が働いている行政機関と大きなかかわりがあるので、こういった共済組合からの借金を債務整理してしまうと職場に知られてしまう可能性があります。

 

共済組合の借金を債務整理すると、共済組合の方に借金を踏み倒した人の情報が知られるようなるのは当然です。

 

その共済組合と関係が深い公務員から何かの原因でバレるということは十分に考えられるので注意が必要です。

 

もちろん共済組合も意図的にバラすということはないですが、公務員と関係が深い団体なので注意が必要です。

 

互助会からお金を借りている

 

共済組合と同様の理由で、互助会からお金を借りているような場合にも注意が必要です。

 

職場の互助会が行っているような貸付制度を利用している場合でも、債務整理をすると互助会からの借金も債務整理対象になってしまう場合があるので、互助会にバレてしまいます。

 

互助会の方でも意図的に債務整理したことを広めるようなことはないですが、職場と近い所からのものなので、地方自治体の情報共有状況によってはバレる可能性は否定できないです。

 

共済組合を含めて、こういった職場との関係が近いような団体からお金を借りている場合には、そこから職場にバレる可能性は考えられるので注意しましょう。

 

官報によってバレル可能性がある

 

個人再生や自己破産で債務整理をすると官報に名前や住所が記載されるので、そこから債務整理したことがバレてしまう可能性があります。

 

官報は政府広報誌なので、普通の人はあまり見ることはないと思いますが、官報は国が出しているものなので、公務員の場合には仕事の関係上、普通の人よりも多くの人が見ています。

 

そのため官報によって債務整理したことがバレるという可能性があるので注意が必要です。

 

こうして見ると国と関係のあるような機関からお金を借りていると、債務整理したことが職場でバレる可能性があるということが分かると思います。

 

まあ、当然ですよね。公務員がその関係機関からお金を借りて、そこからの借金を債務整理して踏み倒したらバレる可能性があるのは当然の話です。

 

公務員の場合には利率が低いからといって、あまり安易に公務員と関係があるような機関からお金を借りると、債務整理する場合に後悔することになる可能性があるので注意が必要です。

債務整理によって公務員試験の受験に影響はあるのか?

債務整理公務員試験

 

公務員は人気の職業なので、将来公務員になりたいと思っている人も多いと思います。

 

そこで気になるのが、公務員試験を受験しようとしている場合に、債務整理で借金を整理した過去がある場合に公務員試験に影響が及ぶのかということです。

 

そもそも債務整理した人が公務員試験を受験することは可能なのでしょうか?

 

債務整理しても公務員試験の受験は可能

 

債務整理して借金を踏み倒したとしても公務員試験を受験することは可能です。

 

何となく債務整理で借金を踏み倒すと悪いことをしたという気持ちになりますが、別に犯罪を犯したわけではないので公務員試験に影響することはないです。

 

公務員になるためには前科者でないということが条件というのはよく言われていますが、債務整理をしたとしても別に前科者になるわけではないので、公務員試験に影響はないです。

 

債務整理によって公務員になれないのではないかと不安に思っているいる人は心配せずに受験しましょう。

 

とは言ってもやはり公務員になる際には債務整理したことを隠しておきたいと思うのは当然ですよね。

 

職場などで周りの人に債務整理したことをバレずに手続きする方法はあるのでしょうか?

公務員が職場にバレずに債務整理する方法とは

公務員が職場にバレずに債務整理する方法

 

公務員が職場で債務整理したことがバレる原因については上記のように説明していますが、それなら上記のような互助会や共済組合からの借金を債務整理せずに、他の関係ない借金を債務整理すればいいのです。

 

任意整理なら互助会や共済組合からの借金以外を債務整理できる

 

任意整理なら債務整理する対象の借金をこちらで選ぶことができるので、公務員と関係があるような組合からの借金を除いて債務整理することができます。

 

また任意整理の場合には、債権者と債務者が直接交渉して借金の減額条件を話し合うという債務整理方法なので、他に漏れる可能性も小さいです。

 

債務整理といっても、任意整理や個人再生、自己破産など色々な手続き方法があるので、自分に合った債務整理方法を選ぶ必要があります。

 

そのためにもまずは弁護士等の専門家に借金返済の相談をするといいと思います。

 

債務整理に慣れている弁護士事務所なら、家族や職場に内緒で債務整理をすることには慣れているので頼りになります。

 

当サイトでは無料相談可能な弁護士事務所をいくつか載せているので、まずは無料相談を活用してはどうでしょうか。

 

公務員で債務整理を検討しているなら下記から

 

債務整理に強い法律事務所はトップページから